2010 Shanghai Trip

2010/10/18

2010年10月17日 暖かい気温の中、日本代表Samurais vs 中国代表Red Demons の試合が開催された。


サポートスタッフが充実していた日本は試合前にテーピングやストレッチなどをして試合に備える。
 

入念なウォーミングアップ後、晴天にホイッスルが鳴り響きボールアップされた。
中国は180cmを越える長身の選手が多数いたため、最初のラックでは劣勢を強いられたが、周りのローバー、ラックローバーがしっかりと相手にマンマークし、思うようにプレーをさせず、相手のミスを誘って幾度となく攻撃の芽を摘んで、逆にこちらの攻撃に転換したプレーが目立った。

 

Quaterごとに中盤がボール支配率を高めると、全体的なチームとしての流れが良くなり、自分たちの思うプレーがより確実に成功していき、FWにもボールをしっかりと配球できた。

 

中国は得意の長身を活かしハイボールを蹴りパワープレーに出たが、体格こそ劣るものの相手にボールを取らせず、落ちたボールに対して常に人数をより多くかけることでカバーをしていった。

 

その結果相手に取られたゴールはわずか1ゴールのみ。100点差以上差をつけて国際戦を制した。

 

「オーストラリアンフットボールでは昨日の敵は今日の友」というスポーツマンスピリッツを大切にしているため、
試合終了後はお互いの健闘を称え合った。

 

その後、右写真の真ん中、超有名プロFOOTYプレイヤーのフェボーラ選手が登場し、一同は騒然とし、しばらくその興奮はおさまらなかった。実際のプロ選手と写真を撮る者もいれば、キャッチボールならぬハンド・キックパスをする者もいて、
普通では考えられないような貴重な体験をした。