第6期 スカラーシップ生 佐藤健 オーストラリアへ

2010/07/31


見事第6期スカラーシップ生に選抜された佐藤健(20)
以下では、その佐藤の意気込みなどをインタビューした内容である。

 


今回見事スカラーシップ生として選ばれたが、その意気込みは?と聞くと、本人は「2ゴール決められれば・・・」
とやや消極的かと思われたが、1試合2ゴールということらしく、Aussieに負ける気はさらさら無いようだ。

そもそも佐藤がこのスカラーシップに選抜されるということは彼の1年の時からの願いであった。
しかし、昨年度は同じチームの先輩である中村が立ちはだかり、惜しくも選考落ちしてしまった。
佐藤は必ず次のスカラーに選抜されるべく、日々練習をこなしていった。

他のプレイヤーと同じように、大学に入学してからFootyを知り、のめり込んでいったのだが、
持ち前の長身を活かし佐藤のプレーは1年の時から他のプレイヤーよりも頭一つ抜け出していた。

佐藤はそのまま順調にスキルを上げていき、誰よりも高いマーク、正確なキックで
駒澤MAGPIESを「点をとって勝てるチーム」へと導いていった。

そんな佐藤は、今回の短期Footy留学の目標をこのように持っている。

「本場ならではのFootyを学び、更なるスキルアップを狙いたい」

 

シーズン前半は決定力不足に悩まされていた佐藤だが、これを機にもっと強くなれるだろう。

今回佐藤がスカラーに選抜されたことに疑問を抱く者はいないのではないだろうか。
周りも納得できるほど、彼のFootyにかける思いは非常に熱い。メンバー全員が佐藤の活躍を期待している。

 

しかしこんなこともしてしまう茶目っ気さもある。その持ち前のキャラクターで、Footy以外の事も頑張って欲しい。